サボンモーヴの成分には様々な成分があります。中でもサボンモーヴの特徴を表す主な成分を以下より解説して行のでご確認下さい。

 

 

ポリフェノール

ポリフェノール

 

ポリフェノールには頭皮に対し主に抗酸化作用と殺菌作用があります。

 

抗酸化作用

抗酸化作用は活性酸素の働きを抑える作用があります。
活性酸素とは生活習慣の乱れ、ストレスなどで身体のバランスが崩れると本来必要とする細胞を破壊してしまいます。
細胞が破壊されると老化が進みやすく、頭皮であれば発毛するに必要な細胞の活動が滞ってしまう事になります。
これらの理由から抗酸化作用のあるポリフェノールは頭皮ケアに効果的な成分であると言えるのです。

 

殺菌作用

頭皮の細菌はフケの原因となりますが、殺菌効果により頭皮を清潔にし防止します。

 

レッドクレイ

レッドクレイ

 

レッドクレイとは土の中の赤みのある粘土の事を言い、シャンプーのみならず美容パックとして洗顔にも使用される成分です。

 

レッドクレイは吸着作用が強く皮脂や毛穴の汚れを効果的に落としてくれます。

 

ミネラル成分も豊富に含まれているので保湿力を高めてくれる働きがあるのも特徴です。

 

アルガンオイル

アルガンオイル

 

アルガンオイルはアルガンノキ樹の種子から採取出来る植物油です。

 

角質層にあるセラミドの元となるリノール酸を多く含むのが特徴です。
セラミドは肌を健康に保つうえで重要な成分で、保湿効果を持っており頭皮の環境を整えてくれます。

 

次にアルガンオイルにはオイレン酸を多く含んでいます。
オイレン酸とは頭皮のフケや痒みを起こしやすい乾燥肌の頭皮には効果で、肌への馴染みが良いのが特徴です。

 

最後にアルガンオイルにはビタミンEが多く、肌や髪を老化させる活性酸素の働きを抑えてくれる効果もあります。

 

 

海藻エキス

海藻エキス

 

海藻エキスには皮膚の柔軟作用・保湿作用・収れん作用があり、保護膜で肌を守るので刺激から守ってくれる成分です。
ねばり成分とミネラルにより、頭皮と髪に潤いを与えてくれます。

 

サボンモーヴの全成分

ココイルイセチオン酸Na、スルホコハク酸ラウリル2Na、、セテアリルアルコール、コーンスターチ、グリセリン、ステアリン酸、水添ヒマシ油、水、トリデセス硫酸Na、アルガニアスピノサ核油(オーガニック)、酸化チタン、コカミドプロピルベタイン、コカミドMEA、パラフィン、香料、パーム脂肪酸Na、グンジョウ、プロパンジオール、ナツメ種子エキス、ソルビン酸K、安息香酸Na、PG、ブドウ種子油、パーム核脂肪酸Na、パンテノール、イライト、ポリクオタニウム-7、ブドウ種子エキス、酸化鉄、ヒバマタエキス、グリセリン、塩化Na、エチドロン酸4Na、EDTA-4Na

 

サボンモーヴ